本文へスキップ

毎日診療 夜8時半まで

嚙みしめ(ブラキシズム)HEADLINE

歯ぎしりというとあの不快音を想像しますが、実はBruxismブラキシズムと呼ばれる口腔悪習癖の一種です。ブラキシズムとは咀嚼筋(咬むための筋肉)の異常な運動のことで、咬むための筋肉が食事中でもないのに無意識に異常な動きをする異常運動のことをいい、歯を失う最大の原因といえます。歯、顎の骨、筋肉、顎の関節に破壊的に作用します。
ブラキシズムには、歯をすり合わせるグラインディング、食いしばるクレンチング、上下の歯をカチカチと小刻みに接触させるタッピングがあります。ブラキシズムの中で不快音を発するものを歯ぎしりというだけで、不快音がするかどうかは関係ありません。これらはすべて無意識のうちにおこなわれるので本人はまったく気がつくことはできません。
朝起きると顎が疲れていたり歯がういていたりすることがありますが、これは睡眠中に過度の力が加わっているためおこる症状です。また、ブラキシズムは睡眠中でなくてもおこりますので、日頃から歯を噛みしめる癖がないかどうか自分で気にかけてみる必要があります。
(症状)
歯が揺れる。咬むと痛い。知覚過敏。顎関節症、顎が慢性的に痛い。歯周病の悪化。虫歯になりやすい。詰め物、かぶせ物がすぐ取れる。口が開かない。首や肩こり。偏頭痛、めまい、耳鳴り、聴力低下。・・・
(骨隆起)
骨隆起とは、ブラキシズムの力に対抗するために起こる骨の過形成(異常に肥大すること)と考えられています。下顎の小臼歯あたりの内側と上顎の大臼歯あたりの外側に好発します。この骨隆起がある場合、長年にわたりブラキシズムがおこっていた可能性が非常に高いです。

対処法

  • マウスピースの使用 。マウスピースは、ブラキシズムの治療で最も一般的に行われる方法です。装着することによって、歯やあごにかかる負担を軽減し、ブラキシズムの症状を和らげます。ブラキシズムの症状が和らぐと、そのおかげで今まで感じていたストレスも幾分か軽減され、その結果、ブラキシズムも治ってくるというシステム。また、上の歯と下の歯に隙間をあける癖を咀嚼筋に覚えさせ、ブラキシズムの症状を軽減するという効果もあります。ハードとソフトがありブラキシズムの症状に合わせて使い分けます。
  • 生活習慣の改善。日頃から食事以外、歯をあわせない。鼻呼吸を意識する。寝る体制は、左向きに寝る。