本文へスキップ

毎日診療 夜8時半まで

かみ合わせがもたらす影響HEADLINE

肩こりがひどい、偏頭痛がある、すぐ虫歯になる、詰め物が取れやすい歯周病がおさまらない、歯がグラグラする 歯のくいしばり、歯ぎしりなど思いあたる症状はありませんか?上の歯と下の歯の真ん中の線があっていますか?顎がずれていませんか?手遅れになる前に相談してください。かみ合わせが悪くなってる可能性があります。これは、歯磨きや歯の掃除だけでは予防できないものです。
片方の歯ばかりで噛む癖がつくと、噛み合わせがずれてきます。それに伴い、咀嚼筋も噛んでる側にしか動かなくようになります。
(口腔内影響)
負担がかかっている歯やそれを支えている骨に影響がでてしまう。歯が揺れる。咬むと痛い。知覚過敏。顎が慢性的に痛い。歯周病の悪化。虫歯になりやすい。詰め物、かぶせ物がすぐ取れる。・・・
(全身的影響)
噛んでる側の噛み合わせの高さが低くなると頭自体も噛んでる側に微妙に傾き、頭を支えている首、背骨、腰、ひざなどにも影響し、頭痛、首肩こり、腰痛などの原因になる場合があります。更に噛んでる側の顎関節が圧迫され、血流も悪くなり、聴覚低下をおこす場合もあります。

咬合治療


下顎が上顎に対してずれている。左右の噛み合わせの高さがちがう。咬み癖が左右どちらかにかたよっている。など噛み合わせの問題点を診査する。姿勢が曲がっていたり、顎関節や筋肉の異常を感じたり、知覚過敏や歯周病、聴力低下も進行しやすくなります。 


スプリント治療で噛み癖の改善をする。軽度の場合は、噛み合わせの調整だけですみます。


重度の場合、スプリント治療で咬み癖の改善をした後、仮歯を使い、左右の顎のずれ、前後のずれ、高さを整えていきます。
歯科矯正をおこなう場合、仮歯は、矯正治療にともない、調整していき、最終的には、すべて取り除きます。
クラウン(かぶせもの)場合、順々にSETしていきます。