本文へスキップ

毎日診療 夜8時半まで

見出しHEADLINE

ノンクラスプデンチャー


歯茎にひっかけるため、歯への負担を減らします。審美的にも優れています。汚れがつきにくい利点もあります。強度と柔軟性があるために、薄く作ることができます。そのため違和感が少なく、使いやすい入れ歯となります。透明感があり、柔らかくしなりのある材質です。そのため歯茎に色が馴染み口元が綺麗に見えます。

マグネットアタッチメント




揺れている歯や少ししか残っていない歯でも、歯の根を使うことで金属の見えない、非常に安定した入れ歯を作ることが可能です。自分の歯を最後の最後まで有効に使えるため、満足度が高く、多くの方に支持されています。 当院では、歯の側につけるステンレスに磁力がつかないタイプを使用しているので、入れ歯さえ外していただければ、CT撮影などは問題ありません。

ソフトデンチャー

ソフトレジンデンチャーとは優しく、安定吸着することをテーマに、総入れ歯用を目的として作られた入れ歯です。下顎の入れ歯も接着部や義歯内面を柔らかい軟性樹脂を使用したため、装着感に非常に優れている入れ歯なのです。そのため一般の自費診療で使う入れ歯よりもさらに適合性がよくフィットします。さらに素材自体が化学的に安定しているので表面に固さと滑らかさを出すことが可能になり、そして入れ歯自体が汚れにくいなど、入れ歯にとって大事なところが根本的な素材の違いから引き出すことができるようになるのです。